スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Links


Sponsored Links

【在日】李(大山)忠成と鄭大世(チョン・テセ) 帰化という決断、在日韓国人のサッカーでの葛藤。「在日」という国

201201200826203a1.jpg

16: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/06/18(火) 23:37:04.80 ID:uoXI7Lb9
「日本の中にもうひとつの国があるような感覚なんです。それが“在日”という国。

そんなもんありません。
Sponsored Links


2ちゃんねるの反応

    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/06/18(火) 22:59:07.59 ID:???
    E1371488768346_1.jpg 『祖国と母国とフットボール ザイニチ・サッカー・アイデンティティ』は、在日コリアンが築き上げてきた「在日サッカー」の歴史と今を追うノンフィクションだ。このたび増補版として文庫化された。
     著者は在日3世のスポーツライター慎武宏(シン・ムグァン)。戦後の在日サッカーを切り開いた先人から、現在活躍中の在日コリアン選手まで、彼らの軌跡が緻密なインタビューに基づいて描かれている。

     第章で著者がとりあげるのは、川崎フロンターレで活躍し、韓国籍ながら異例の北朝鮮代表としてW杯にも出場した鄭大世チョン・テセ)。彼は在日コリアン3世だ。2005年の第3回東アジア選手権、日本対北朝鮮。彼は試合前に流れた「エグッカ」(愛国歌)を聞いて涙を流した。「オレが幼い頃から憧れ、目標にしてきたのは朝鮮代表だから」北朝鮮代表として、日本代表と戦うことが、彼の夢だった。

    DNKF00009604_1.jpg

     鄭大世は、83年愛知県名古屋市に生まれた。小中高と、すべて朝鮮学校だった。そして朝鮮大学校に進学した。「自然と気持ちは朝鮮に向いていくし、オレは朝鮮学校で育ったから自分が“在日”であるということをしっかり自覚できたと思う」鄭大世が語るように、在日コリアンのアイデンティティーの形成は朝鮮学校という環境によるところが大きい。「仮に日本代表でプレーしたとしても、罪悪感に苛まされると思うし、心の底から湧き出る“魂の叫び”みたいなものは出てこないと思う」

     第章では、韓国籍から日本国籍に帰化し日本代表となった李忠成の物語が語られている。少年時代、東京朝鮮第9初級学校のサッカー部で頭角を現した李忠成。6年生の時、ある決断をする。横河電機ジュニアユースでプレーすることが決まり、サッカーに専念するために日本の中学校に進学したのだ。「李」と名乗ることでイジメられるのではと心配したが、実際には拍子抜けするほどに自分を受け入れてくれたという。

     その後FC東京に入団した18歳の李は、念願のU-20韓国代表の合宿に招集された。しかし、意気込む李を韓国で待ち受けていたのは、疎外感陰口だった。パスが回ってこない。ゴールを祝福してくれない。ミーティングや食事中、後ろでささやく声があった。韓国人が在日を蔑む時に使う言葉が、あきらかに聞こえた。「韓国は自分を同族とは見てくれないんだなということを痛感させられました」と李は述懐している。そして韓国から日本に戻った李のもとに、五輪日本代表監督(当時)の反町康治からラブコールが届く。

     悩みに悩んだ末、帰化を決断した。通名の大山」を使わずに「李」として届けた。

     在日コリアンの帰化に対するネガティヴイメージは未だに根強い。李忠成が帰化して日本代表になったことに、在日社会では波紋が広がった。著者もまた、李が下した決断を寂しく思うところもあったと語る。しかし取材を進めるうちに、国籍にとらわれずサッカーに邁進する李の中に新しいザイニチ・サッカー・アイデンティティーを発見していく。

     韓国での合宿から帰える飛行機の中、李は思った。「朝鮮半島にルーツがあるけど、日本で生まれ育った僕は韓国人ではないのかもしれない。でも、日本に戻れば国籍上は外国人になる。韓国人でも日本人でもない僕は、何人なんだろう」李は猛烈に自分探しを始めた。「日韓問題」「国籍」「差別」「在日コリアン」というタイトルを書店で見つけると、つい手が伸びたという。

     鄭大世は言う。
    日本の中にもうひとつの国があるような感覚なんですそれが“在日”という国。朝鮮でも、韓国でも、日本でもない“在日”という国が、オレにとっての母国なのかもしれない」

     在日コリアンのサッカーへの情熱、民族への感情、そして葛藤。日本人である私にとって、本書を通してもなお、それらを心の底から理解するのは難しかった。同じ土地や経済、政治のもとに生きる人間、さらに言えばその中のマジョリティーである私たちからすれば、彼らは日本人と何も変わらない存在であると言うことは容易い。だがその言葉の裏側には、ときに黙殺という態度が隠されている。そのことに気づかされた。(HK 吉岡命・遠藤譲)

    http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130618/E1371488768
    346.html

    2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/06/18(火) 23:05:04.96 ID:WThLDJI8
    勝手に気持ち悪い国を作るなよ(笑)

    13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/06/18(火) 23:29:04.32 ID:vJaPmRPt
    別に頼んでもいないし、嫌なら祖国に帰ればよろしい。
    なぜムキになって日本にしがみつくのか。
    本当のプライドがあるなら素晴らしい祖国とやらに骨を埋めるべきだ。

    28: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/06/19(水) 00:41:20.92 ID:w0hBp2+O
    国の中に勝手に国を作る事を侵略といいます

    19: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/06/18(火) 23:51:52.27 ID:w/yw2CYW
    在日1世は自分が経済難民であることを知っているので多くを語らない
    問題は在日1.5世と呼ばれる幼少期に在日1世とともに来日した世代とその子供の世代

    年齢的には70歳前後とその子供の50歳くらい
    こいつらが日本の団塊世代と一緒になってメチャクチャやってきた
    李忠成とかはこの頭のおかしい世代の子供で、親の言う捏造と現実の優しい日本人のギャップに悩まされる
    その結果、祖国は在日とか言う訳の分からん概念に逃避しそれにしがみつこうとする
    3世以降の一番の悩みの種は日本社会ではなく、前に進もうとする足を引っ張りまくる親や民団総連などの在日社会なんだよ

    と冷静に分析してみる

    20: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/06/18(火) 23:53:38.82 ID:yzgeHhH9
    ■帰化サッカー選手

    img_1155841_36429756_7.jpg 三渡洲アデミール
    「帰化するならその国に骨を埋めてもよいという気持ちで帰化すべき。代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい。」


    ■帰化日本代表サッカー選手

    無題ラモス瑠偉
    「日の丸の付いたユニフォームを着るなんて本当に夢のようだった。嬉しくて涙がこぼれたよ。」

    20060222010051.jpg呂比須ワグナー
    「日本が大好きだから、日本サッカーの役に立てる仕事をしたい。」


    tulio.jpg 田中マルクス闘莉王
    「僕は日本人になったことを誇りに思うし、こういった仲間とやれたことを神様に感謝しなくてはいけない。」

    mig_20130627170356.jpg ハーフナーマイク
    「国歌を聞いてやばかった。鳥肌が立った。」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               
    image_20130627171554.jpg 李忠成
    「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい。」
    「五輪がなければ国籍変更していない。人生を変える大きな決断だった。」
    「在日同胞のためにがんばる。」     
    「韓国代表で出たかったが選ばれなかったので、日本代表でもいいかなと。」
    「韓国人、日本人ではなく、サッカー選手としてここにいる。」  
    「日本代表として北朝鮮に乗り込むという複雑なことになったが、こうやって北朝鮮の地を
     踏めるのは光栄なこと。」
    「朴智星さんとかは活躍している。日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍し
     なきゃというのがある。」  

リンク

    → ハーフ・帰化日本人サッカー選手 将来の日本代表は国際色豊かに!?
    → 「北朝鮮工作員チョン・テセを追放せよ」「精神病だ」イルベ中傷に本人も反応
    → チョン・テセはドイツに行って2日目でトゥルリンコ

動画

関連記事
Sponsored Links

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。