スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Links


Sponsored Links

【QBK】柳沢にパスを出した加地が4年ぶりにQBKを振り返る

柳沢敦 QBK QBKの真相を加地亮選手が語ります。
「QBK」の起源は次の通りです。2006年ドイツワールドカップ、日本対クロアチア戦の後半6分、加地からのラストパスを柳沢敦が無人のゴール前で受け、インサイドではなく難易度の高いアウトサイドでゴール外にいるゴールキーパーの股下を抜いて外してしまった。試合後の柳沢のコメントは「急にボールが来たので・・・」というもので、ここから「急に」=「Q」、「ボールが」=「B」、「来たので」=「K」、「QBK」というネットスラングが生まれた。
Sponsored Links





【柳沢敦】QBKをかっこよく編集してみた【サッカー日本代表】
QBKのみならず、
・「キーパー抜いてバックパス」
・「へなぎサイクロン」
・「ユニホーム破られてイエロー」
のシーンも含まれています。
関連記事
Sponsored Links

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。