スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Links


Sponsored Links

【南アWC】選手に不評!?ジャブラニの製造過程

ジャブラニ 2010FIFAワールドカップ・Jリーグにおける公式試合球でGKを悩ましているジャブラニ(アディダス社)の製造過程の動画です。 「JABULANI」とは、南アフリカの公用語のひとつであるズールー語で「祝う」「祝杯」という意味である。 天候に左右されないキックの安定性を得るため、表面皮革パネル数を2006年大会使用球「チームガイスト」の14枚から6枚減らして8枚としている。またこの皮革には特殊なデザインが施され、これを組み合わせることにより「より完全な球体」へと近づけることができたという。さらに表面上には濡れた際の滑りやすさを抑えるための
Sponsored Links



凹凸が施されている。これにより「無回転シュート」のボール変化は通常より大きくなるとされ、さらに気圧によってロングキックやミドルシュートにおける伸び・変化はさらに大きくなると指摘されている。
決勝戦では黄金色の特別仕様「JO'BULANI(ジョブラニ)」が使用されることとなっている。



ワールドカップで使用されたボールの歴史
worldcup.jpg

関連記事
Sponsored Links

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。